株主総会の支援について、解説をさせていただきます。株主総会は、株式会社が株を持ってくださっている株主様に、説明会をさせていただく場であり、同時に今後も持っていただきたい、自社の株を保有していて欲しいという気持ちなどを込めて、開催されるものとなっています。また同時に、株を持っている方はその支援を会社さんに行っている人たち、という形になっていますので、問題などが起きてしまった場合には、株主から、かなり厳しい意見が会社側に出される場所も、こちらの株主総会、となっています。逆に、黒字に転じている場合など、そのようなケースでは、お褒めの言葉を株主さんからいただくことも出来る場合などもあり、その時の会社さんの経済状況によっても、かなり株主総会の様子は変わってくるものとなっています。

そもそも株主総会とは何なのか?

そもそも株主総会とは何なのか、そして支援とは何なのか、ということですが、株主総会とは「株を持っている株主様に説明をする総会」となっており、会社の現状をお話しする場面となります。株主総会では、わざわざ遠方から来てくれた株主様に対して、支援の一つとして、またお礼の一つとして、お土産としてその会社の独自の商品などをくれるケースもあります。これは、物によっては、お子さんなどが喜ぶ品などが、支援してもらえることもあります。このような株主総会では、事業展開、今後の方針、今年の営業成績、黒字であるかそれとも赤字であるか、このような経済的なお話が、実質的に支援者である株主さんに話される形となります。また、もし、何かのコンプライアンス違反により、会社の株が著しく下がってしまった場合には、ここで謝罪などがされることが多いです。

株主総会で語られることは?参加する意義は?

株主総会に参加する意義ですが、実際には株主様であり、株主総会に出る権利を持っておられる方でも、株主総会には参加されない方もおられます。これは、参加自体が面倒である、という理由の他に、遠方であるから行きたくない、といった理由、またそれとは別に、仕事などの関係で出る時間を作れない、このようなことから、出席をされない株主さんもおられます。参加する意義ですが、株主総会では会社の現在の状態、例えばおもちゃ関連の株式会社さんであれば、現在放送中のアニメの関連の商品の売り上げによって、株の上下についての説明などや経営の形、方針などが説明されます。また、参加する意義ですが、このような説明を聞き、株を保持するかそれとも手放すか、などのことを考えられる機会を支援してもらえます。