社会人なら知っておきたい株主総会の支援に関して、社会人になってある一定のお金を手にするようになれば、よく金融機関の方などから「株はどうですか?」と株の購入について勧められることもあるかもしれません。または、独自に、ご自身で研究をされて、株主総会の支援について、学んでいる方も多いです。株主総会の支援については、株主さんへの説明会、のようなものであり、支援に関しては株主さんから会社へいただける金銭的な資金、のような形です。また同時に、会社からお礼として株主さんへの支援は、その会社のアイテムなどやお食事券など、多種多様です。株主総会の支援では、このようなサービスを行いながら、会社の今後の発展性、今現在の収益、利益、損失、このようなことを説明する場となっています。

場合によっては自分を守るために自社の株を買うことも

株式会社にとって、「株」というものは資産であり、株主様からいただける「資金」であると同時に「支援」というものになっています。そのため、業績などが良い会社などの場合には、当然ながら株を保持したい、という方は多く出てくるのですが、一方で、外国からの株主様の参入が、日本の経済に大打撃を、またそれと同時に、会社自体が日本国内などに影響を与えてしまい、総じては、会社そのものが潰れてしまうのでは、といった危惧を持っている会社もあります。そういった会社などの場合には、社員さんが独自に、その自分たちの会社を守るために、株を購入することがあります。このため、そうなってくれば、株を保有していられるのは社員さんであるため、倒産の可能性や、海外にお金が流出してしまうという心配性はなくなります。

株は会社の命運を分けるものとなっています

株というものは、株主総会に出ておられたことのある方なら、とても分かりやすいものであり、また同時に、株主総会の仕組みなどをご存じの方ならば、どのように支援がなされているのかを理解しやすいものなのですが、会社の命運を分けるものとなっています。またそれと同時に、会社の命運を分けるだけでなく、その株を持っている方が投資家の方の場合には、その方の財産の命運を分けるもの、ともなっています。そのため、支援をしてくれるものは株、というものである一方で、同時に諸刃の剣ともなっており、会社の倒産か存続かを分けるもの、そのような面も持っているのです。株主総会では、このようなことを踏まえて、株をお持ちの方に説明をさせていただくものですが、株主様の中には、話を聞き、総会での対応から、売却を考える方もおられるため、このように、会社にとっては、メリットでもありデメリットでもあるものなのです。